Hatena::Groupkossori

こそりこそりと何か呟く このページをアンテナに追加 RSSフィード

気の向くままに綴っておりますので
雑然とした部分もあるかと。御容赦下さい。


絶版本を投票で復刊! 別冊宝島EX マンガの読み方:竹熊健太郎・夏目房之介ほか;宝島社
マンガの読み方
―わかっているようで、説明できない
マンガはなぜ面白いのか

宝島社/1995年5月初版/ISBN:4796609474

上記図書の復刊に賛同しております。
宜しければ御一考を。

07-08-14

ぞくり 14:26 ぞくり - こそりこそりと何か呟く を含むブックマーク はてなブックマーク - ぞくり - こそりこそりと何か呟く

谷山浩子さんの詩集の挿画でこの方の世界を知り、

後年偶々一遍だけ雑誌掲載の短編を読みました。

ぞくりと来ましたね。

性的にそそる絵なのかどうかと問われればそそら

ない方でしょう。ただ淡々と裸形を描いていると

いう印象。

しかし、その淡々と描かれた裸形から世界に入り

込んで裏を観ようとした瞬間に妄念が醸され溢れ

出すのです。

絵の力とはそう言うものかも知れません。

この方がショタ小説の挿画を描いたとしたら、

どういうものになるのでしょうか。

トラックバック - http://kossori.g.hatena.ne.jp/XQO/20070814