Hatena::Groupkossori

こそりこそりと何か呟く このページをアンテナに追加 RSSフィード

気の向くままに綴っておりますので
雑然とした部分もあるかと。御容赦下さい。


絶版本を投票で復刊! 別冊宝島EX マンガの読み方:竹熊健太郎・夏目房之介ほか;宝島社
マンガの読み方
―わかっているようで、説明できない
マンガはなぜ面白いのか

宝島社/1995年5月初版/ISBN:4796609474

上記図書の復刊に賛同しております。
宜しければ御一考を。

04-11-05寝付けず萌えている(苦笑)

『壁』は何処 16:31 『壁』は何処 - こそりこそりと何か呟く を含むブックマーク はてなブックマーク - 『壁』は何処 - こそりこそりと何か呟く

スカート(Big spirits comics special)
榎本ナリコ

出版社 小学館
発売日 2002.6.1
価格  ¥ 920(¥ 876)
ISBN  4091848141

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1

一読して何となく共感を覚えました。

性差とかそう言うもので無しに、何と言うか人間の感覚として。

そう言う意識の壁と言うのは相手や周囲が作り出すものじゃなくて、

結局自分が作り出してしまうものなのかなぁ、とも。

多分誰の心の中にも何らかの壁の感情は存在するんでしょうね。

kasuga-kkasuga-k2004/11/05 01:47リンク先の“やけにセクシーなスーパーマリオ”は凄いですね。二つ目のイラストなんて、別にマリオじゃなくてもいい気が…(笑)

XQOXQO2004/11/05 02:07マリオの笑顔の裏にこう言う下積み時代もあったのだよ、
と言う脚色でしょうね、きっと。
こう言う路線のパロディゲームもあればもっと楽しかった
かも知れません。

kasuga-kkasuga-k2004/11/05 02:15なるほど「マリオの裏設定や私生活の絵」と考えると納得がいきますね。こんな路線のゲームがあったら、間違いなく私は買ってしまいますね(^▽^;

XQOXQO2004/11/05 02:30多分好きな人は皆買うでしょうね^^むしろそう言う路線が生まれる余裕はあった方が良いのかも知れません。

トラックバック - http://kossori.g.hatena.ne.jp/XQO/20041105