Hatena::Groupkossori

空想園芸館 このページをアンテナに追加 RSSフィード


2015-04-18<新栽培法>赤い光で収穫量アップ 高知で進む研究

<新栽培法>赤い光で収穫量アップ 高知で進む研究

| 18:50 | <新栽培法>赤い光で収穫量アップ 高知で進む研究 - 空想園芸館 を含むブックマーク はてなブックマーク - <新栽培法>赤い光で収穫量アップ 高知で進む研究 - 空想園芸館

鉄工所の人が地道に研究されているんですね☆

 照射される光の波長パターン(スペクトル)を調節することで、野菜の収穫量を増やす新たな栽培方法の開発に、高知市日の出町の鉄工会社役員、釜原董隆さん(67)が取り組んでいる。既に病害虫の影響を受けにくくなるスペクトルを発見し、特許を取得。「研究を進め、簡単に低農薬栽培ができるようにしたい」と意気込む。

f:id:kawanoasobi:20150418184625p:image

 高知県農業技術センターによると、光合成をする植物の多くは光を信号として受け取るための物質「光受容体」を持っている。そこで受け取った光の信号に基づき、発芽や開花などの反応「光形態形成」を行う。

 円高による輸出減で経営が苦境に陥っていた約16年前、多角化を目指し農業分野に関心を持った釜原さんは、この反応に着目。「植物には種ごとに最適のスペクトルがあるはず」との仮説を立て、2004年からナスやトマト、キュウリ、ピーマンなど14種の野菜でスペクトルを変化させて栽培する実験を繰り返してきた。

 その結果、野菜に照射される赤色光の比率を高めていくと、ある時点で虫が付きにくくなり、黒カビやうどんこ病などの病気にもかかりにくくなって収穫量が増えることを発見。13年8月に「病害虫防除法および作物の栽培方法」として特許を取得した。

 現在は、香南市香我美町にある約1700平方メートルの実験棟で野菜を赤いビニールシートで覆うなどの研究を続けており、釜原さんは「細胞代謝を活性化させるスペクトルを発見できれば、病気を治すような画期的な栽培方法につながる可能性もある」と期待する。【最上和喜】

毎日新聞 4月18日(土)18時8分配信

赤いエコピカLED電球 7W E26口金<植物育成・電照菊用>

調べたら、植物育成用の赤い光を出す電球が販売されていました!

空想園芸館

2012-11-14穴がない虫こぶの謎解明=アブラムシの液体排せつ物吸収―内部スポン

穴がない虫こぶの謎解明=アブラムシの液体排せつ物吸収―内部スポンジ状に・産総研

| 07:37 | 穴がない虫こぶの謎解明=アブラムシの液体排せつ物吸収―内部スポンジ状に・産総研 - 空想園芸館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 穴がない虫こぶの謎解明=アブラムシの液体排せつ物吸収―内部スポンジ状に・産総研 - 空想園芸館

アブラムシの好む木があったんですね!

 関東以西に分布する常緑広葉樹イスノキに穴のないボール形の虫こぶを作るアブラムシは、虫こぶの内壁に針を刺して甘い汁を吸った後、液体の排せつ物を内壁のスポンジ状組織に吸収させているため、こぶの中で排せつ物で溺れ死ぬ心配がないことが分かった。産業技術総合研究所茨城県つくば市)の沓掛磨也子研究員や深津武馬研究グループ長らが14日、英科学誌ネイチャーコミュニケーションズに発表した。

 沓掛研究員らは、アブラムシが植物の形や機能をどのように操作しているかを解明するため、遺伝子の変化を網羅的に調べる方針。

 この「モンゼンイスアブラムシ」は、イスノキの芽に何らかの物質を注入し、直径5~10センチのボール形の虫こぶを作らせる。完全閉鎖状態で最大2000匹超が2年以上生息し、最終的に羽が生えた段階で穴を開けて飛び立ち、次の寄生先の木に移る。

 アブラムシの中には開口部のある虫こぶを作る種がいて、その場合は兵隊役の幼虫が液体排せつ物を開口部から捨てている。沓掛研究員らは完全閉鎖型の虫こぶではどのように処理しているか不思議に思い、モンゼンイスアブラムシの虫こぶを切断し、赤く染めた薄い砂糖水を内部のスポンジ状組織に注入した。その結果、水や養分を運ぶ維管束が赤く染まり、吸収されることが分かった。

 液体排せつ物は糖分の濃度が高いと吸収されにくいため、糖分の大部分を炭水化物の白い粉に変え、液体の濃度を下げていることも明らかになった。 

時事通信 11月14日(水)1時17分配信

野菜類には殺虫剤をかけたくないので、天然の対策が必要です。

空想園芸館