Hatena::Groupkossori

空想園芸館 このページをアンテナに追加 RSSフィード


2013-11-02里山でヒラタケ初収穫!

里山でヒラタケ初収穫!

| 13:51 | 里山でヒラタケ初収穫! - 空想園芸館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 里山でヒラタケ初収穫! - 空想園芸館

先日、アラゲキクラゲを初収穫して、それまで忘れて放置していたホダ木群を先々週あたりから、徐々に“片付け”にかかっていました。(“片付け”というのは、里山に戻しに行ったと言うことですw)

ダメになったものが相当ありましたが、元気良く菌が回っている風情のものもありました。

(この際に「ウルシかぶれにやられた!」ワケですw)

本日もまた重たい思いをしながら、里山へ残りのホダ木を埋めに行ったところ、早くもヒラタケが生えているのを見つけました☆

f:id:kawanoasobi:20131102134755j:image

(一番大きい傘のやつで握りこぶし大の大きさがあります。以前、Amazonで購入したクワガタ用の菌糸ブロック「エノキ・クヌギ混合オオヒラタケ菌糸ブロックOBM-1」のヤツなので、品種は良くわかりませんw)

ヒラタケは木口面から垂直に生えてくるものとばかり思っていたので、木口横から生えてきたので、こちらも想定外のことですw(木口のオガ菌が綺麗なところからも土に埋めて間もないことがわかるはず!)

ちなみに、樹種はシデ類だと思います。(但し、木肌が白く、幹が丸く、また樹皮が硬いものでした。)

通常、2夏経過後から生えてくるらしいので、うれしい誤算です♪

ウルシにかぶれた甲斐があった!?というものですw

里山は住宅地と違って、非常にウェットな環境なので、やはり極力、山に置いておいたほうがいいだろうと思った次第。

クリタケは全滅したっぽいし、しいたけも菌糸紋が消えて久しいし、、、

来年の夏に出てくるかわかりませんが、できればヒラタケナメコになんとか頑張ってもらいたいところですw

早速、レシピをチェックしてみました☆

原木栽培ひらたけを喰う!

空想園芸館

2013-10-08アラゲキクラゲの初収穫!

アラゲキクラゲの初収穫!

| 20:27 | アラゲキクラゲの初収穫! - 空想園芸館 を含むブックマーク はてなブックマーク - アラゲキクラゲの初収穫! - 空想園芸館

夏場、真っ盛りの頃にアラゲキクラゲを植菌した原木の様子を見たところ、どれも真っ黒になっていたことから「全滅」という判断をし、一部にヒラタケを再植菌してみたり、、、ということで、ほぼあきらめの状態でいました。

たまたま、本日様子をみたところ、ほんの2、3本のホダ木(サンドウイッチ)の接続部分のガムテ部分から、アラゲキクラゲが生えているのを見つけました☆

(本当は、本伏せしていなければならないわけですが、飽きてそのまま放置していますw)

ある程度の大きさに育ったものを採取してみると、「両手盛り」の分量にのぼりました☆

f:id:kawanoasobi:20131008202353j:image

ダンゴムシに齧られていたりして、縁がみっともなくなっていますw)

早速、レシピをチェックして、卵炒めにしてみました!

生まれてこの方、これだけの分量のキクラゲを目いっぱい食べたのは初めての体験でした。

次回は、せっかくの生キクラゲなので、わさび醤油で刺身にして食べてみたいと思っています。

アラゲキクラゲの下処理ですが、一旦、水でジャブジャブよくこすりながら洗ってみると、茶色い水が相当に出ました。

意外に汚れやアクがキツイのかもしれません。

良くこすり洗ったキクラゲを今度は5分程茹でて、茹で上がったものを一口大に切ったうえで、フライパンで炒めてみました☆

アラゲキクラゲ自体は、味もなく、食感のみがコリコリとしており、味覇などで下味を染み込ませるのがポイントかなと思いました。

きくらげ卵炒め

中華料理屋さんの味そのもの!きくらげと卵を炒めて、うますぎ!ご飯が進む進む♪

コメントが入らないことありごめんなさい…

材料 (2~3人くらい)
作り方
  1. きくらげの乾燥ならお湯でもどしておく。ボールにウェイパー、醤油、オイスターソース、砂糖、酒を入れ、よくまぜる。
  2. フライパンにごま油をしき、1のきくらげを入れ炒めたら、溶いた卵をいれ、かき混ぜながら焼く。卵がまとまってきたら、1の調味料全部入れて軽く炒める。コショウかけてできあがり♪
コツ・ポイント

調味料の中にウェイパーがあるので、よく混ぜないと固まりになっていて、一部だけしょっぱくなるので注意です!よくまぜれば完璧の味♪ うちでは子供も食べるので料理酒を使っています。モモナさんが、ウエイパーをチンしたら、混ぜやすかったって教えてくれました!ありがとう~モモナさん!

クックパッドより

http://cookpad.com/recipe/268664

空想園芸館

ふぉるまふぉるま2013/10/10 07:09コメントありがとうございました。
美味しそうです。

kawanoasobikawanoasobi2013/10/26 13:41ふぉるまさん
コメントありがとうございます!
もっと沢山食べたいので、今年も原木調達ができたら、きくらげ菌を植えてみます☆

2013-05-12「なめこ」×「イヌシデ」でやってみる!

「なめこ」×「イヌシデ」でやってみる!

| 17:08 | 「なめこ」×「イヌシデ」でやってみる! - 空想園芸館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「なめこ」×「イヌシデ」でやってみる! - 空想園芸館

先般使用した「なめこ」のオガ菌の残りですが、せっかくなので、これまでトライがうまくいっていない「イヌシデ」でやってみようと思った次第。

「イヌシデ」は、これまで「ひらたけ」や「きくらげ」に結構な分量(直径20cm短木10セットづつ)を投じていますが、ガムテープをめくってみるとオガ菌自体は十分に発菌している様子であるものの、原木内部までは菌糸が伸長していない感があります。

「シイタケ」の種駒には、イヌシデは発生は早いものの、肉質が薄いものができるという記載があったものの、自分の感覚では、菌糸が伸長するまでは「ホダ木」化されないため、逆に遅くなりそうな雰囲気を感じています。

今年、初トライゆえ経験値が少ないために、確たるをいえない状況ではあるものの、原因とおぼしきものを攻略してみたいと思った次第。

「イヌシデ」という原木は、天然の木材腐朽菌が沢山いる里山へ行っても、コナラなどの原木はカスカスに食べられているのと対照的に、全く害菌自体に侵されていない雰囲気のものがゴロゴロしていたりします。

原因としては、他の原木に比べて、繊維質が「密」であり、しっかり乾燥するととても「強固」であるということです。

それゆえ、キノコ菌類は原木内に伸長していけないのではないかと推測しています。

これに対しての対策ですが、通常、植菌は原木を切断した直後のフレッシュな状態でサンドウィッチにすることが推奨されているようですが、自分は逆に、一旦、木口を乾燥させて無数の「亀裂」を入れてから、一晩浸水し、植菌すべきではないかと思っています。

ひとたび無数の亀裂が入れば、その亀裂から菌糸が伸長できるため、原木の「ホダ化」が促進されるのではないかと期待しています。

ただ、注意点としては、一旦、乾燥させてしまうと、その後、たっぷり浸水させても水の引きが早く、樹木自体が乾燥ぎみになりやすいのではないかと思っています。

それゆえに、多湿を好む「きくらげ」や「なめこ」は難しいのではないかと推測しています。

今回あえて「なめこ」にトライしてみようと思ったのは、ビニール袋仮伏せなどで、湿度を一定的に保持できると思ったからです。

これからの時期は温度が上がってくるため、ターゲットの食用キノコ以外の害菌にも侵されやすいということで、過湿気味に管理することは、よりコントロールの難易度があがることを意味していますが、せっかくなので経験値を上げておこうと思っています。

今回調達した原木は、直径17cm程度のもので、一旦、30cmの長さで切断したものを2個割りにしたものです。

f:id:kawanoasobi:20130512170719j:image

里山で切断作業をしたため、手ノコで切る際に、結構な「段差」がついてしまいましたw)

これを1~2日程度、日に当てたり乾燥させて無数の亀裂を入れた後、「なめこ」菌を植菌してみたいと思います。

「イヌシデ」は、「なめこ」が嫌がる心材部がないため、うまくすれば丸ごと食べきってくれるはず、、、

空想園芸館

2013-05-09「なめこ」の状況 - 20130509

「なめこ」の状況 - 20130509

| 19:04 | 「なめこ」の状況 - 20130509 - 空想園芸館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「なめこ」の状況 - 20130509 - 空想園芸館

4月の下旬になってから植菌した「なめこ」ですが、元気に発菌していますw

f:id:kawanoasobi:20130509185905j:image

コナラの短・短木の間に挟んだもの。桜の短木に一通り植菌した後の残りのオガ菌を1,2日置いたうえでサンドウィッチ。斜め上からのアングルのため上部の原木の方が大きく見えますが、実際には上下10cmづつの高さです。)

植菌前に原木を一晩浸水したものにサンドウィッチしています。(スーパーの袋に入れて湿度保持。)

後は、原木内に菌糸を伸長してくれれば、早期に「ホダ木」化されることでしょう!

残りのレジ袋の中のオガ菌も良く菌が回ってカチカチになってきているので、原木が調達できるのであれば、追加を用意したいところです☆(いつもの里山では、もう目ぼしい原木がなくなってきているのが残念なところです。)

なめこ種菌 オガ菌1500cc

空想園芸館

2013-04-29「ビニール袋仮伏せ」中のシイタケの状況 - 20130429

「ビニール袋仮伏せ」中のシイタケの状況 - 20130429

| 19:02 | 「ビニール袋仮伏せ」中のシイタケの状況 - 20130429 - 空想園芸館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「ビニール袋仮伏せ」中のシイタケの状況 - 20130429 - 空想園芸館

2週間前と比べて、菌糸の回りが進んで来ました。木口の白い「菌糸紋」をチェック!

f:id:kawanoasobi:20130429182147j:image

(今回のもの。2本追加なり。)

f:id:kawanoasobi:20130416203419j:image

(2週間前のもの。白い紐を巻いているものだけがクリタケです。)

ただ、数本に胴枯菌が、1本に青カビ(ビニール袋の底に水が溜まっていた場所にあった原木。)が発生してしまいました。

胴枯菌(だと思う。)は、過乾燥の原木に発生しやすいようで、2週間前にはなかったはずなので、ビニール袋に入れる前に風に当てて乾かした結果、乾燥が進んでしまったためかもしれません。

胴枯菌とおぼしきものは、樹皮の表面にオレンジ色の糸のようなもの(ショートパスタの激細みたいなもの。)が出ており、さわるとパラパラこそげ落とせるものです。

とりあえず、水に2時間程度浸水させたうえで、再度、ビニール袋仮伏せにしてみました。(胴枯菌が発生した原木は水に浮くくらい軽くなっていたため、やはり乾燥が進んでいた感がありました。)

横着がらずに、週に1度は水分チェックをして、浸水させてみたほうが良さそうに思いました。(キノコ菌が水分を吸収してしまうのかもしれません。)

空想園芸館