Hatena::Groupkossori

空想園芸館 このページをアンテナに追加 RSSフィード


2013-11-27「切り株端材」からもヒラタケが発生!- 20131127

「切り株端材」からもヒラタケが発生!- 20131127

| 20:21 | 「切り株端材」からもヒラタケが発生!- 20131127 - 空想園芸館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「切り株端材」からもヒラタケが発生!- 20131127 - 空想園芸館

日曜日に出始めていたヒラタケですが、ある程度、大きくなりました☆

f:id:kawanoasobi:20131127201033j:image

収穫するには、もう少し大きくしたいな♪

f:id:kawanoasobi:20131127201032j:image

黒い樹皮の端材から、白いヒラタケが!

ヒラタケの傘の色は、小さい時には黒色ですが、大きくなるにつれて、灰色→褐色→白色と変化します。

黒色の樹皮に白いヒラタケが生えているのが、コントラストになっておもしろい☆

今度の日曜日に収穫しに来ようかと思うが、それまで枯れずにいるのか!?

空想園芸館

2013-11-24「切り株端材」からもヒラタケが発生!

「切り株端材」からもヒラタケが発生!

| 19:13 | 「切り株端材」からもヒラタケが発生! - 空想園芸館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「切り株端材」からもヒラタケが発生! - 空想園芸館

今年の3月下旬に里山へ行くと、伐採後の切り株をさらに地面近くまで切り込んだ後の「切り株端材」が沢山捨ててあるのを見つけました。

このときに一旦、ヒラタケの菌をサンドウィッチしましたが、7月頃に見に行くと、ハサミムシだのに食い尽くされていたのを発見しました。

その後、黒かびだのが発生してしまったレジ袋菌を捨てに行く際、どうせ捨てるのであれば、再度、サンドウィッチしてみようということで、新たに植菌したものから、ヒラタケの幼菌が発生しているのを見つけた次第。

写真に写せる程度の成長までには、もう3日程度必要と判断したため、今回は撮影してきませんでしたが、次回は収穫してみようかと思います☆

単にオガ菌を挟んで放置しておいただけゆえに、こんなに簡単に菌が回ってくれるのであれば、あれこれ画策しなくてもいいなと思った次第。

ただ、今年も3月下旬に仕込んだものはダメだったものの、台風などで大雨が降り続いたりした結果、菌糸が回ったとも考えられるので、このところの乾燥しがちな状況の中で、水遣りもしなくちゃダメかなあとは思っている次第。

空想園芸館

2013-11-20つまようじ種菌でやってみた!

つまようじ種菌でやってみた!

| 21:02 | つまようじ種菌でやってみた! - 空想園芸館 を含むブックマーク はてなブックマーク - つまようじ種菌でやってみた! - 空想園芸館

順調に収穫が続くヒラタケですが、レジ袋種菌に刺しておいた「つまようじ」を使って植菌してみました☆

これは、長野県林業総合センターで勧めている方法のひとつですが、「くりたけ」で勧めている手法を、今回、ヒラタケでやってみた次第。

http://www.pref.nagano.lg.jp/ringyosogo/seika/documents/kinoko.pdf

こちらは「わりばし」や「つまようじ」を使った方法を紹介しています。

今回、当方はドリルも使わずにヒル釘を使って原木に穴を開け、爪楊枝を刺してみることにしました☆

ヒル釘 NO.14

額縁を吊るしたりするのに使うものですが、爪楊枝を差し込む穴を開けるのにも使ってみた次第。

結果は、16穴を開けるのに1時間程度も時間がかかり、お手軽とは言えない結果だと認識しましたw

今回もアオギリらしき伐採木を60cm長で切り出して来たものに16穴明けてみたところですが、もう16穴開けるのにタイムオーバーだったため、途中下車した次第w(続きは日曜日にでもやってみます!)

前回に引き続いてのアオギリらしき伐採木でしたが、結構、乾燥している様子だったので、次回は水をかけたうえで、爪楊枝を刺していこうと思っています。

「つまようじ」は、レジ袋の菌床に刺しておいたもの(3週間程度経過したもの)ですが、しっとりとしていて、キノコのニオイもしていたので、ヒラタケの菌は十分に回っていたものであると推定されます。

温度管理さえ、うまくいけば成功するのではないかと楽観視していますが、果たしてどうなることやらw

空想園芸館

2013-11-17スナップエンドウの畝たて&種まき

スナップエンドウの畝たて&種まき

| 18:35 | スナップエンドウの畝たて&種まき - 空想園芸館 を含むブックマーク はてなブックマーク - スナップエンドウの畝たて&種まき - 空想園芸館

サツマイモを育てていた場所にスナップエンドウの畝たて&種まきをしてきました☆

サツマイモは7月中旬に近所のおばさんから貰った蔓を刺しておいたものですが、先週の寒波で見事、葉っぱが腐ってしまいましたw

しょうがないので、急遽、蔓をひっこぬいてみたものの、ゴルフボール大のイモしかなっておらず、「失敗」宣言をした次第。(来年はもっと早く蔓を刺さねば!)

空いた場所には、本来は石灰などを撒いてから2週間程度してから種まきをするのが順当のようですが、面倒なので石灰&米ぬかを一緒に混ぜて畝を立て、そこにスナップエンドウのタネを撒くといった荒業をしてしまいましたw

放射冷却で朝方冷え込むので、少々醗酵熱が発生しても大丈夫じゃないかと適当な考えで一遍に済ませてしまいましたが、どうなることやら!?

同じ里山サヤエンドウなどを育てているお爺さんを見習って、笹を切り出し、畝の真上でクロスさせてみました☆

カラスネコがほじくり返したりするので、ペットボトルをいくつか並べておいたりしておきましたが、どうなることやら!?

冬瓜は蔦が枯れていたので、蔦を切り離して置いてありますw

手隙な時に持って帰ろうかなと思っています。

大きく育ったもの1本と30cm程度で成長が止まったもの1本です。

他には、カラスザンショウがあちこち生えていたのが気になったので、足で踏みつけたりして数十本、折っておきました。

カラスザンショウやアカメガシワヒラタケの原木としては適木らしい)は先駆性樹木なので、当該里山のように大量伐採が行われたところでは、いち早く繁茂してきますが、育っても役に立たない系統の樹木なので、できるかぎり踏み折るようにしています。

この辺の樹木のことも、「里山遊び」から学んだことです☆

ここ一年で本当に多くの樹木や山菜について学んだと思います。

空想園芸館

2013-11-10ヒラタケの生育状況 - 20131110

ヒラタケの生育状況 - 20131110

| 11:17 | ヒラタケの生育状況 - 20131110 - 空想園芸館 を含むブックマーク はてなブックマーク - ヒラタケの生育状況 - 20131110 - 空想園芸館

先週、里山でヒラタケの初収穫がありましたが、今週も状況を見てきました☆

f:id:kawanoasobi:20131110105945j:image

(あちらも、、、)

f:id:kawanoasobi:20131110105944j:image

(こちらも、、、)

コナラの細木を10cm長に短く切って、レジ袋の中でオガ菌に漬け込んでおいたもの(名づけて、「漬物方式」)からも立派なヒラタケがグングン出てきていました☆

これだけ生育が順調だと、ホダ木が何年持つのか?くらいなところですw

今年植菌して今年発生するならば、全く焦ることなく、春先にでもレジ袋に入れておけば、秋には収穫ができるので、いくらでも量産できそうな雰囲気です。

そうはいっても自分で食べるかご近所に配るだけなので、そんなに増やしても意味はないかなというところですw

今年も仕込みたいと思っていたところ、アオギリらしき伐採木を発見しましたので、短木4セット分(直径17~20cm×120cm長)を直接里山へ持っていってサンドウィッチ法で植菌(レジ袋の中のヒラタケ菌を使用)してみました。

f:id:kawanoasobi:20131110105943j:image

(とりあえず日陰に立てておいた。)

樹皮に一部害菌が付着していましたが、気にせずにやってみました。

山の中では仮伏せができずに水分が不足するかもしれませんが、1週間くらい立てておいたものを、横に寝かしてみたり、半分土に埋めてしまうなどの方法で、やってみようかと思っています。

当該ヒラタケはとても強い菌だと思いますので、これで発菌してくれれば、面倒な運搬や水遣りの手間も大分省略できてラクチンです☆

果たして、来年の秋に発生するのか!?

ナメコは相変わらず動きがないため、もうしばらく様子見です。

一部、害菌が木口に発生してきたものがあったため、状況次第で廃棄してしまうかもしれません。

ナメコのオガ菌はレジ袋に入れておいたものが、夏場には死んでしまっていたので、ヒラタケよりも管理が難しいと思っていました。こちらは夏場前に山の日陰に伏せこむなどの方法がマストだろうなあと反省しています。

空想園芸館

かんぺ~かんぺ~2013/11/14 08:04ヒラタケやナメコは、やはり土に伏せなければうまくいかないのでしょうね~
私はナメコとタモギダケの原木を立てたまま放っていて、全く出てくる気配がありません。

kawanoasobikawanoasobi2013/11/14 19:51かんぺ~さん、コメントありがとうございます!

ナメコは特に水分が必要なようですね。
あと、早生と中生では発生温度が異なるようです。
当方は、中生を購入してしまったため、早生よりも低い温度にならないと発生しないようです。
ナメコは、まだひとつも出てきていないので、来秋どうなるのか?といったところです。

今年は、原木の調達が難しいと思いますので、早生をちょっとだけでもやれればいいなと思ってはいますw

2013-11-03里山でタラノキ発見!

里山でタラノキ発見!

| 19:39 | 里山でタラノキ発見! - 空想園芸館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 里山でタラノキ発見! - 空想園芸館

ウルシかぶれにやられた!ために、少しセンシティブになっていたわけですが、、、

目の前にヤマウルシに似た葉柄に遭遇!

f:id:kawanoasobi:20131103192836j:image

ビクビクしながらも、良く観察してみると、茎の部分に小さいトゲが無数に!!

一旦撤収し、後日、ネットで調べてみると、ヤマウルシにはトゲがない模様。

では、一体何者?

ということで、再調査をしてみるとタラノキがヤマウルシに良く似ているという記事がありました。

すると、ウルシにかぶれたことにより、メジャーな山菜であるタラノキを偶然見つけてしまったようだ!

まだまだ背丈が低いものの、来春にはタラノメを摘む可能性が出てきたということ♪

これまで、ツユクサだのヤブガラシだのカラスウリだの2軍系にトライし続けていた自分もようやくメジャーな山菜デビューができそう☆

と、浮かれていたところ、すぐそばにヌルデが!

f:id:kawanoasobi:20131103194154j:image

(ヌルデには、みかんの木のように小葉の間の葉軸に、翼があるのが特徴。)

ヌルデもウルシ科の植物でかぶれる危険性のある植物なので、MY剪定ハサミで切って置きました☆

これで春先にタラノメをチェックするときに、かぶれる心配は少なくなりました♪

空想園芸館

2013-11-02里山でヒラタケ初収穫!

里山でヒラタケ初収穫!

| 13:51 | 里山でヒラタケ初収穫! - 空想園芸館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 里山でヒラタケ初収穫! - 空想園芸館

先日、アラゲキクラゲを初収穫して、それまで忘れて放置していたホダ木群を先々週あたりから、徐々に“片付け”にかかっていました。(“片付け”というのは、里山に戻しに行ったと言うことですw)

ダメになったものが相当ありましたが、元気良く菌が回っている風情のものもありました。

(この際に「ウルシかぶれにやられた!」ワケですw)

本日もまた重たい思いをしながら、里山へ残りのホダ木を埋めに行ったところ、早くもヒラタケが生えているのを見つけました☆

f:id:kawanoasobi:20131102134755j:image

(一番大きい傘のやつで握りこぶし大の大きさがあります。以前、Amazonで購入したクワガタ用の菌糸ブロック「エノキ・クヌギ混合オオヒラタケ菌糸ブロックOBM-1」のヤツなので、品種は良くわかりませんw)

ヒラタケは木口面から垂直に生えてくるものとばかり思っていたので、木口横から生えてきたので、こちらも想定外のことですw(木口のオガ菌が綺麗なところからも土に埋めて間もないことがわかるはず!)

ちなみに、樹種はシデ類だと思います。(但し、木肌が白く、幹が丸く、また樹皮が硬いものでした。)

通常、2夏経過後から生えてくるらしいので、うれしい誤算です♪

ウルシにかぶれた甲斐があった!?というものですw

里山は住宅地と違って、非常にウェットな環境なので、やはり極力、山に置いておいたほうがいいだろうと思った次第。

クリタケは全滅したっぽいし、しいたけも菌糸紋が消えて久しいし、、、

来年の夏に出てくるかわかりませんが、できればヒラタケナメコになんとか頑張ってもらいたいところですw

早速、レシピをチェックしてみました☆

原木栽培ひらたけを喰う!

空想園芸館