Hatena::Groupkossori

空想園芸館 このページをアンテナに追加 RSSフィード


2013-10-26「ウルシかぶれ」にやられた!2

「ウルシかぶれ」にやられた!2

| 08:42 | 「ウルシかぶれ」にやられた!2 - 空想園芸館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「ウルシかぶれ」にやられた!2 - 空想園芸館

「ウルシかぶれ」にやられて1週間が経ちましたが、一進一退ながら、少しずつ快方に向かっているようです。

前回、両手の甲が良くなってきたと書きましたが、こちらはまだ治っていません。代わりに額と耳が良くなりました☆

ウルシのかぶれの原因は、ウルシオールという成分にあるようですが、ウルシオールは脂溶性のため、脂が出やすい額が良くなったのは、なるほどなとうなずける事態だと思いました。耳はパンパンに腫れていたのが治った理由は良くわかりませんが、肌質が他の部位とは違うので、ウルシオールが残留しずらいためではないかと推測します。

両手の甲と指については「部位」によるようです。「水泡」ができて掻きむしってつぶした部分はかさぶたも取れたところが多いですが、その部分だけ腫れも痛みも痒みもない状態です。かさぶたの周辺については、腫れや痛み痒みがまだある状態です。

一番、遅くに症状が出てきた手首から肘にかけての部分は、まだまだ腫れや痛み痒みがある状態です。

先週の時点から採った治療法ですが、ネットにヒアルロン酸配合のローションが効いたというものを発見(「木工作ゆうざんの物づくり(^。^)ブログより)したため、ドラッグストアなどで、片っ端から試してみた次第。(売り場のテスター使用w)

数種類のものから、効果があったと実感できたのが、美白効果をうたった「白潤」シリーズ(肌研(ハダラボ))

おそらく「美白」=低刺激成分配合もしくは麻酔効果成分配合ということで、一時的に効果を発揮するのであろうと思われます。

しかし、数時間経過したり体温が上昇すると再び激しい痒みに襲われるといった次第で、直接的な効果はどの程度まであるのか不明なところでしたw

他のハンドクリーム尿素10%配合)やかゆみ止めクリームなどはピリピリして逆効果な感がありました。

こうして日中は、ヒアルロン酸配合の化粧水乳液でだまし、夜、お風呂の中でもんだうえで石鹸でゴシゴシ洗い、なんとか脂溶性のウルシオールを対外へ排出することを試み、風呂上りにタイガーバームで油分の補給と殺菌を行ってみました。

ヒアルロン酸配合のローションの「ウルシかぶれ」に対する効果については、若干ながらあると推測しています。

理由は、

  1. 細胞に水分を与える
  2. 油分が含まれている場合には、ウルシオールを溶かし出す

昔は、怪我をしたら赤チンを塗って乾かしておいた方がいいと思われていましたが、現在は患部を乾かさない方が傷の治りは早いというのが通説のようです。したがって保水効果をうたう「ヒアルロン酸」が患部を保水しつづけるために傷の治りは早くなるのではないかと推測します。

目の周りや首筋はガサついてピリピリしていますが、1週間でここまできたのであれば、あと1週間もあれば全治するかな?と思っていますw

今後の対策については、里山へ行く際には事前にハンドクリームなどで皮膚を保護しておくと皮膚内にウルシオールが浸透しずらくなるのではないかと思っています。

冬場は乾燥が激しいので、これを機にヒアルロン酸配合のローションにハマってしまいそうですw

空想園芸館

ゆうざんゆうざん2013/10/26 12:15ウルシかぶれ、お見舞い申し上げます。
私の聞いたところによると、ヒアルロン酸ではなく同化粧水に含まれている【ひまし油】が効いているみたいですよ。

kawanoasobikawanoasobi2013/10/26 13:43ゆうざんさん
コメントありがとうございます。
ウルシオールは脂溶性なので、油分が効くのでしょうね!
当方も「化粧水」よりも油分の多い「乳液」を使ってみています。さらに濃い「クリーム」も試してみようかと思っています。