Hatena::Groupkossori

空想園芸館 このページをアンテナに追加 RSSフィード


2013-05-16「オキシベロン」を使ってみた!

「オキシベロン」を使ってみた!

| 20:53 | 「オキシベロン」を使ってみた! - 空想園芸館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「オキシベロン」を使ってみた! - 空想園芸館

本日、アマゾンで発注した「オキシベロン」が届いたため、早速、「挿し木」にトライしてみました☆

これまで気になっていた「ぶどう山椒」の根元近くの「胴吹き枝」(30cm長、5cm長それぞれ1本)と月桂樹の枝7cm長1本の計3本です。

「ぶどう山椒」は、以前に記載したように花芽が出てくる可能性を考慮して、切り時を待っていましたが、花芽が出てくる様子がないので、一気にプッツリ切ってしまった次第。

「月桂樹」は、以前、「ひこばえ」をもらってきた際に、枝を1本切除したものを「挿し木」していましたが、1ヶ月経ったために、根がはっているだろうと予測していたものの、まったく根が生えていなかったため、今回の仕儀に至ったもの。

「ぶどう山椒」は、根元に近い葉のみ切除して挿し木していたものの、風に揺られて不安定な感じがしたことと、やはり葉からの水分蒸散が大きいだろうなあと思い直し、頭頂のものを残しただけで、後はバッサリと刈り込んでしまいました。

使用した「土」は、今回も残りの里山の土である「黒ボク土」をベースに、燻製用にとっておいた桜の大鋸屑をまぶして軽さを出したものを使ってみました。

写真は根付いた時に写そうと、今回は見栄えが良くないために写すのを一旦保留としましたw

さて、期待通りに根が出るのでしょうか?

余った「葉」は、もちろん「おつまみ」にする予定ですが、収量もわずかであり、さて何に使おうか!と思案中ですw

空想園芸館

2013-05-13「ぶどう山椒」の発育状況-20130512

「ぶどう山椒」の発育状況-20130512

| 19:47 | 「ぶどう山椒」の発育状況-20130512 - 空想園芸館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「ぶどう山椒」の発育状況-20130512 - 空想園芸館

ずいぶんと枝葉が揃ってきている今日この頃ですが、未だ花芽が出てきていませんw 今年はもうダメかもとあきらめ半分ですw

ただ、トゲの近くから緑色の「塊」が生じてきていますので、この「塊」がさらなる枝葉に成長するのか?はたまた花芽に成長していくのか?楽しみなところではあります。

根元近辺から出てきている枝は、花芽が出てこなければ挿し木にしてみたいところですので、早く白黒決まりがついて欲しいところではあります。

葉の生育は良好なので、「油かす」を与えすぎたためかもしれません。あるいは、自生環境を想定して、山の土である「黒ボク土」を使用したため、活性アルミナによって、リン酸が吸着されてしまったためかもしれません。

場合によっては、「実」に効く肥料要素である「リン酸」を追加で撒いてみてもいいかもしれません。

今後は、高度化成肥料を施肥していくのも選択肢のひとつに入れたいです。http://aic.pref.gunma.jp/agricultural/management/technology/soil/03/03010202.html

ただ、もうこの時期では遅すぎると思いますので、来年への教訓として、今年は枝葉を成長させることを第一目標にしてもいいかもしれません。(「挿し木」用の枝が取れるため。)

先日、アゲハがヒラヒラ飛んでいたので警戒していたら、1~2mm程度の幼虫が2匹見つかっています。卵を産んだ位置がわからないため、これからも「幼虫には要注意!」でいきたいと思います。(犬山椒に移してやってもよかったんですが、幼虫は決して“かわいい”見た目ではないため、指で押しつぶしましたw)

空想園芸館

2013-05-12「なめこ」×「イヌシデ」でやってみる!

「なめこ」×「イヌシデ」でやってみる!

| 17:08 | 「なめこ」×「イヌシデ」でやってみる! - 空想園芸館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「なめこ」×「イヌシデ」でやってみる! - 空想園芸館

先般使用した「なめこ」のオガ菌の残りですが、せっかくなので、これまでトライがうまくいっていない「イヌシデ」でやってみようと思った次第。

「イヌシデ」は、これまで「ひらたけ」や「きくらげ」に結構な分量(直径20cm短木10セットづつ)を投じていますが、ガムテープをめくってみるとオガ菌自体は十分に発菌している様子であるものの、原木内部までは菌糸が伸長していない感があります。

「シイタケ」の種駒には、イヌシデは発生は早いものの、肉質が薄いものができるという記載があったものの、自分の感覚では、菌糸が伸長するまでは「ホダ木」化されないため、逆に遅くなりそうな雰囲気を感じています。

今年、初トライゆえ経験値が少ないために、確たるをいえない状況ではあるものの、原因とおぼしきものを攻略してみたいと思った次第。

「イヌシデ」という原木は、天然の木材腐朽菌が沢山いる里山へ行っても、コナラなどの原木はカスカスに食べられているのと対照的に、全く害菌自体に侵されていない雰囲気のものがゴロゴロしていたりします。

原因としては、他の原木に比べて、繊維質が「密」であり、しっかり乾燥するととても「強固」であるということです。

それゆえ、キノコ菌類は原木内に伸長していけないのではないかと推測しています。

これに対しての対策ですが、通常、植菌は原木を切断した直後のフレッシュな状態でサンドウィッチにすることが推奨されているようですが、自分は逆に、一旦、木口を乾燥させて無数の「亀裂」を入れてから、一晩浸水し、植菌すべきではないかと思っています。

ひとたび無数の亀裂が入れば、その亀裂から菌糸が伸長できるため、原木の「ホダ化」が促進されるのではないかと期待しています。

ただ、注意点としては、一旦、乾燥させてしまうと、その後、たっぷり浸水させても水の引きが早く、樹木自体が乾燥ぎみになりやすいのではないかと思っています。

それゆえに、多湿を好む「きくらげ」や「なめこ」は難しいのではないかと推測しています。

今回あえて「なめこ」にトライしてみようと思ったのは、ビニール袋仮伏せなどで、湿度を一定的に保持できると思ったからです。

これからの時期は温度が上がってくるため、ターゲットの食用キノコ以外の害菌にも侵されやすいということで、過湿気味に管理することは、よりコントロールの難易度があがることを意味していますが、せっかくなので経験値を上げておこうと思っています。

今回調達した原木は、直径17cm程度のもので、一旦、30cmの長さで切断したものを2個割りにしたものです。

f:id:kawanoasobi:20130512170719j:image

(里山で切断作業をしたため、手ノコで切る際に、結構な「段差」がついてしまいましたw)

これを1~2日程度、日に当てたり乾燥させて無数の亀裂を入れた後、「なめこ」菌を植菌してみたいと思います。

「イヌシデ」は、「なめこ」が嫌がる心材部がないため、うまくすれば丸ごと食べきってくれるはず、、、

空想園芸館

2013-05-11物欲系ネタ - 20130510

物欲系ネタ - 20130510

| 10:16 | 物欲系ネタ - 20130510 - 空想園芸館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 物欲系ネタ - 20130510 - 空想園芸館

ひょんなことから園芸路線も歩きはじめた当方ですが、ここへきてやりたいことや不都合なことがまま出てきた感がありますw

これまで“ありもの”や“100均ツール”でお茶を濁してきたもののうち、やっぱり必要だよなと思うものについて、優先順位の高いものから検討していくことにしました。

発根促進剤

「挿し木」の成功率を高めるために購入しておきたいもの。挿し木は用土、温度、日照などが重要で「発根促進剤」は必ずしも必要ないという熟練の方の声もあるようですが、そこまで見極められる前に大事な「挿し枝」での成功率を高めておきたいというところが必要性のプライオリティーを上げる結果になっていますw(「ぶどう山椒」や「月桂樹」など、最近調達したものを何とか根付かせ増やしたいです。)

ルートン 15g 住友化学園芸 発根促進剤 植物調整剤 さし木 さし苗 さし芽 【あす楽対応_関東】

価格:380円
(2013/4/14 21:33時点)
感想(5件)

オキシベロン粉剤0.5 50g

価格:945円
(2013/4/14 21:35時点)
感想(2件)

「発根促進剤」として代表的なものは「ルートン?」と「オキシベロン?」の2種であるようですが、「ルートン」は草系に、「オキシベロン」は木系に効果的なようです。

当方は、とりあえず「山椒」や「月桂樹」などの樹木系が中心となってきそうなので、「オキシベロン」を購入しておこうと思っています。

ナイフ

きのこ栽培用の原木拾いに里山へ行き、手ごろな大きさに切断して持ってくるにはノコギリがマストでしたが、タケノコや植物採集にあたっては穴を掘ったり、ノコギリには細すぎる枝や根を切断するナイフのニーズを感じています。(挿し木の際に文房具のカッターを使用するのも、実は不自由感を感じていますw)

CRISIS クライシス エマージェンシーツール ワイルドボーイ冒険王 DN-110 18歳以上対象商品 入数:1

価格:1,656円
(2013/5/11 09:53時点)
感想(0件)

ベルモント ワイルドボーイ2 BN-100

価格:1,325円
(2013/5/11 09:55時点)

VICTORINOX(ビクトリノックス)ファーマー (0.82 41.26)

価格:2,598円
(2013/5/11 10:02時点)
感想(5件)

「候補」として検討しているのが上記の3点です。

左と中の2点は、共に中林製作所という新潟県にあるメーカーの製品で「ワイルドボーイ」の1と2ですが、2の方が若干小ぶりなようです。楽天、アマゾン共に利用ユーザーが多く、ポジティブなレビューが散見されるため、有力候補としています。(2の方が圧倒的に利用者が多いようですが、若干大振りな1の方もタケノコ掘りの点から検討要素として重視している次第です。)

どちらも「鞘」に収めるタイプなので、折りたたみ式のようなスマートさは持ち合わせていませんが、ナイフとしての機能は折りたたみ式よりも優っているところです。

山仕事用として定番である「鉈(ナタ)」についてもソソられましたが、小ぶりなところでナイフデビューをしてみようかと思っています。

右はVICTORINOXというスイスのアーミーナイフで有名な多機能ナイフですが、沢山の種類の中からファーマーという製品が自分の使用用途としてはあっていそうです。(意外に使えるノコギリ刃付きというのが選択理由です。)

多機能ナイフは機能がありすぎても、ほとんど使用されないケースが多く、重くて不自由になるのであれば、最低限の中からチョイスするのが賢い選択のようです。樹木をほじったりできる「穴あけ用のキリ」がついているのも、意外に使えそうな感じです。その他の「缶きり」や「栓抜き」などは、全く使わなさそうですがw

スマートに折りたためるタイプなので、街中で持ち歩いても不自由はありませんが、反面、ナイフやノコギリとして使用するには“グリップ”に不安を感じたりもします。

これまでは、折りたたみ式ノコギリと100均スコップを1セットにして、使用不能になってしまった折りたたみ式スコップの付属ケースに入れていますが、上記のナイフからの1点を併せて「里山3点セット」にするイメージです☆(リュックの中に入れっぱなしなので、いつでもどこでも持ち歩いているのが実情ですがw)

ネットだけですと、手にとって見た感が得られないので、微妙なところの使用感がわからないのが欠点であると言えますw

他に「剪定ハサミ」なども必要かとは思っていますが、100均でも売っているので「100均モノ」で試してみてから、購入を検討したいと思っています。

空想園芸館

2013-05-09「なめこ」の状況 - 20130509

「なめこ」の状況 - 20130509

| 19:04 | 「なめこ」の状況 - 20130509 - 空想園芸館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「なめこ」の状況 - 20130509 - 空想園芸館

4月の下旬になってから植菌した「なめこ」ですが、元気に発菌していますw

f:id:kawanoasobi:20130509185905j:image

コナラの短・短木の間に挟んだもの。桜の短木に一通り植菌した後の残りのオガ菌を1,2日置いたうえでサンドウィッチ。斜め上からのアングルのため上部の原木の方が大きく見えますが、実際には上下10cmづつの高さです。)

植菌前に原木を一晩浸水したものにサンドウィッチしています。(スーパーの袋に入れて湿度保持。)

後は、原木内に菌糸を伸長してくれれば、早期に「ホダ木」化されることでしょう!

残りのレジ袋の中のオガ菌も良く菌が回ってカチカチになってきているので、原木が調達できるのであれば、追加を用意したいところです☆(いつもの里山では、もう目ぼしい原木がなくなってきているのが残念なところです。)

なめこ種菌 オガ菌1500cc

空想園芸館

2013-05-04今度は本物!「山椒」ゲット!

今度は本物!「山椒」ゲット!

| 17:43 | 今度は本物!「山椒」ゲット! - 空想園芸館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 今度は本物!「山椒」ゲット! - 空想園芸館

昨日は、近所のおばさんのお誘い!?で、畑仕事を手伝いに行ってましたw

トマト、ナス、唐辛子、ピーマン、マメと計3畝仕込むのを手伝い、農作業のノウハウを取得させていただきました。

本日は、昨日里山へ行けなかった“うっぷん晴らし”で、「朝一」と「午後一」の計2回も行ってしまいましたw

「朝一」の収穫はタケノコ3本でした。

f:id:kawanoasobi:20130504170818j:image

(背後のみかん箱ではビーフジャーキーを燻製中。手前の缶はキリンビールの懸賞であたったもの。)

「午後一」の収穫はタケノコ3本(タケノコ1本と「穂先タケノコ」2本。)

しかし、なんといってもうれしかったのは、本物の「山椒」をゲットできたことです!

f:id:kawanoasobi:20130504173823j:image

前回取得した「山椒」が、実は「犬山椒」だったこともあり、必ず、本物の「山椒」を見つけてヤル!と固く決意したものの、「犬山椒」を見つけた場所では、「山椒」が生えていなかったため、少々、ヘコんでいましたw

今回のものはトゲが対向に生えているのと、顔を近づけるとニオイがするため、本物であると推測しています。

気になる点は、葉の中心部か黄緑色をしていることです。何という種類か調べてみたいと思います。

ぶどう山椒」は、実がなったら、いくつか熟させて実生苗を育てたうえで、いつもの里山に植苗したいと思います。

空想園芸館

mamatenmamaten2013/05/10 18:21こんにちわ。見た限り山椒だと思います。我が家でも庭のあちこちで山椒が出没していますが、小さくとも香りが強いです。
そして、陽のあたり具合でこのように黄緑色をしているものも有ります。実か花か葉のどれだかはわかりませんがこの先楽しみですね。

kawanoasobikawanoasobi2013/05/13 21:27mamatenさん
ご指摘ありがとうございます。
こちらの「山椒」も花芽は出てきていませんが、原因は「山の土」にあるかもしれません。(ブログ内でもご紹介済みですが、「黒ボク土」というのは、活性アルミナが多量に含まれていると推定されるため、有機物を吸着してしまうために栄養分に問題が生じるからだと推測しています。)
いずれにせよ「山椒」は、オス・メスどちらでも花が咲き、雄花からの花粉によって雌花が受粉するというのが、自生系の一般的なスタイルであるようですので、どちらにせよ花芽が出るのが普通であると思っています。

2013-05-02残念!やはり「犬山椒」

残念!やはり「犬山椒」

| 19:03 | 残念!やはり「犬山椒」 - 空想園芸館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 残念!やはり「犬山椒」 - 空想園芸館

昨日、苦労して里山から持ち帰った「山椒」ですが、昨晩の雨と冷たい気温で元気を取り戻したため、じっくりと「正体」を見極めてやることにしました。

結果、どうやら「犬山椒」のようですw

理由は、トゲが対向しているものもあれば、シングル単体で伸びているものもあったこと。

近所のおばさんが、庭に生えてきた「山椒」を鉢に植え替えたものを見せてくれましたが、顔を近づけただけでプ~ンと香りがすること、ニオイが微妙に違っていたことなどが理由として挙げられます。

しかしながら、当方の「ぶどう山椒」も香りは弱く、葉を千切らないと香りがしないことから、品種による差異もあるなあとは思った次第です。

まあ、里山に「犬山椒」が生えていたことから、本物の「山椒」も生えているのではないかと少しだけ希望を持った次第ではありますw

空想園芸館

2013-05-01自生「山椒」!?を複数株発見!

自生「山椒」!?を複数株発見!

| 19:11 | 自生「山椒」!?を複数株発見! - 空想園芸館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 自生「山椒」!?を複数株発見! - 空想園芸館

このところ、いつもの里山へは、タケノコ掘りに出かけていますが、自作メンマが意外にイケたので、めずらしく自家消費用のタケノコを掘りに行った次第。(近所に配っているだけだったので♪)

通算5回目くらいになるため、近視でありながら「タケノコの芽」はレーダーにひっかかるようにはなったものの、今回は1本しか発見できませんでした。(「穂先タケノコ」も近所の人に切り落とされており、落ちているのを拾ってまで欲しくは無いため、捨て置きました☆)

原木もめぼしい物が見つからず、タケノコ1本で帰ろうとしたところ、「山椒」のような植物が伐採地の地面から生えているのが見えました。

近くによって見ると、トゲがあるものの、葉の大きさ・形状が「山椒」とは違うように見えましたが、葉を1枚ちぎってニオイを嗅いでみると青臭いニオイしかせず、ハズレたことが確認できました。

ただ、せっかくなので、近辺も探してみると、見慣れた形状の葉が見つかりました!

葉を1枚ちぎってニオイを嗅いでみると、「ぶどう山椒」でおなじみの「かんきつ類」の香りがしたため、「山椒」だと推測し、1株持ち帰ることにしました。

スコップで株回りを掘ってみると、実生にしては根が張りすぎていることに気づき、株元を見てみると、指の太さの切り株から「ひこばえ」ないしは「胴吹き枝」として生えてきたものであることが確認されました。(伐採業者が地面すれすれで伐採したはずですが、しっかり芽吹いています!)

f:id:kawanoasobi:20130501185556j:image

(タケノコと2ショット! 根が横に張りすぎています。レジ袋の中に里山の土と一緒に持ち帰ったときには、まだピンピンしていましたが、、、)

自生の「山椒」の場合は、雌雄異株であり、オスかメスかのどちらかであるはずですが、花が咲いたときの花の形状で見分けるしかないため、どちらであるかは、現状、定かではありません。

今回取得した「山椒」が雄株であれば、「ぶどう山椒」を実で楽しみ、花と若芽を雄株で楽しみ、大きくなったら、「ぶどう山椒」の枝を接いでみたいと思っています。雌株であれば追加で雄株を採りに行くか、「ぶどう山椒」から花粉が出るようであれば、それで受粉できるのか?経過観察してみたいと思っています。

失敗した桜の挿し木で使用した鉢に入れてみましたが、根を無理やり押し込んだためか、環境が変わったためか、グンニャリしてしまいました。

f:id:kawanoasobi:20130501190553j:image

(土は里山の土に油かすと腐葉土をブレンドしたものです☆)

いろいろとネットをチェックしていたところ、ひとつの疑問が沸いてきました。

これは本当に「山椒」なのか?

それとも「犬山椒」や「カラスサンショウ」ではないのか?

サンショウとイヌサンショウ、カラスサンショウの区別は、花の色やニオイの他、葉とトゲの付き方で見分けられるとのこと。サンショウの葉やトゲは対向して生えるのに対して、イヌサンショウ、カラスサンショウは互い違いに生えるものであるとのこと。

今回拾ってきたものが、まだまだ小さいものであり、グンニャリしていることもあって、トゲや葉の付き方については、サンショウに思えるものの、互い違いに生えているようにも思え、どちらともスッキリしないモンモン・モードに突入してしまいましたw

とりあえず、概ね「サンショウ」だと思っておくことし、後日、元気を取り戻した際によくよく確かめてやろうと思っていますw

空想園芸館