Hatena::Groupkossori

空想園芸館 このページをアンテナに追加 RSSフィード


2013-04-28「なめこ」の仮伏せ

「なめこ」の仮伏せ

| 06:30 | 「なめこ」の仮伏せ - 空想園芸館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「なめこ」の仮伏せ - 空想園芸館

時期的に相当遅いものの、我慢できなくなってやることになった「なめこ」ですが、仮伏せを概ね完了しました。

現時点で、桜7セット、コナラ2セット、但し、昨日コナラをもう1セット分調達してきたのでコナラ分合計3セットでトータル総合計10セットです。(気分次第で追加しそうですがw)

オガ菌は先にレジ袋に入れて、「おから」、「米糠」、都度発生する「大鋸屑」を混ぜておいてあります。これは1日経つと菌が固まりを作って、表面に白い菌糸が薄っすらと出てくる感じなので、塊を拾い上げては短木の木口に塗ってサンドウィッチで挟んでいます。(挟んだものはレジ袋に入れて置いてありますw)

挟み込むオガ菌の量も上記のようにしているため量が少なく、必然的にレジ袋の中身は追加で投入する大鋸屑に併せて、まだまだ量が確保されている状況です。

里山には切り倒されて転がされて放置されている原木が、まだまだ相当量残されているものの、「樹木の種類」、「心材部の大きさ」、「フレッシュさ」の3点から、なかなかベターな選択は難しいところです。

シイタケナメコヒラタケなどのキノコは、原木のうち、外皮と心材部は食べられないため、必然的に心材部の小さいものをチョイスすることになります。

f:id:kawanoasobi:20130428061506j:image

(昨日拾ってきたコナラです。これでも探しまくったうえでのベストチョイスになります。)

上記は、昨日拾ってきたコナラですが、直径が18cmで心材部は7cmになります。コナラなので外皮が分厚く5mmくらいの厚さがあります。これでも心材部は小さい方です。

直径が10cm前後のものであれば、心材部が指1本分くらいのものも稀に見かけますが、15cmを超えると、ほとんどが「芯」というものが多くなってきます。

ナメコヒラタケは木口から生じやすいそうなので、太い原木の木口に沢山生やしたい気持ちもありますが、心材部の大きさから『重いわりに“割り”に合わない。』感じです。

また、コナラやクヌギは表皮が分厚く硬いため、「なめこ」などは、皮をぶち破って顔を出しずらいようです。

余ったオガ菌は、ヒラタケでうまくいっている方法、「漬物方式」で、コナラの「細木」をせっせと10cm程度に短く切っては、大鋸屑と共に投入して、菌回しをしたいと思っています。

ヒラタケについては、1ダースくらいの「短・短木」が「ホダ木化」リーチ!くらいになっており、その後を追っかけているのが更に2ダース分くらいあるので、プランターよりも花壇のように敷き詰められるくらいのボリュームになってしまっていますw

逆に、里山へ持って行って埋めておいたほうがいいかもしれませんw

なめこ」は湿度が必要らしいので、原木を事前に一晩浸水させてから植菌しているので、時間はかかるものの、ヒラタケ同様にプランター用もせっせと仕込みたいと思っています。

空想園芸館