Hatena::Groupkossori

空想園芸館 このページをアンテナに追加 RSSフィード


2013-04-18得体の知れないオレンジ色の肉腫が!

得体の知れないオレンジ色の肉腫が!

| 20:38 | 得体の知れないオレンジ色の肉腫が! - 空想園芸館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 得体の知れないオレンジ色の肉腫が! - 空想園芸館

桜の10cm程度の細木を30cm程度に切り、2個割にしたうえで、間に余ったナメコの種駒を突っ込んだうえで、大鋸屑と米糠を挟みサンドウイッチにしおいた原木ですが、反対側の木口面から得体の知れないオレンジ色の肉腫が出てきました。

f:id:kawanoasobi:20130418204037j:image

通常ですと、ナメコの菌が回った場合には、白い菌糸紋が出るようですが、樹皮と辺材部の間にだけオレンジ色の肉腫が出てきたのは別の菌と推定されます。

置いておいた場所は、ヒラタケアラゲキクラゲを植菌した原木群と同居させていたため、アラゲキクラゲのオガ菌をこぼした際に感染したのかと思っておりましたが、日本農林種菌の方に問い合わせてみたところ、『アラゲキクラゲではないようです。調べてみましたが、何の菌だかわかりません。』とのこと。

いったい、どんなものが生えてくるのか?楽しみにしたいところです。(通常のキクラゲであれば、うれしいな♪)

ちなみにアラゲキクラゲは、下記の写真のように樹皮周辺が盛り上がってくるようですが、オガ菌の購入元で違うということなので、たぶん別の菌なのでしょうと思っております。

アラゲキクラゲのホダ木の写真-ひたち里山ファームさんのブログより

http://hitachi-satoyama-farm.blogspot.jp/2011/05/blog-post_20.html

空想園芸館