Hatena::Groupkossori

空想園芸館 このページをアンテナに追加 RSSフィード


2013-01-30シイタケ栽培デビュー!

シイタケ栽培デビュー!

| 21:09 | シイタケ栽培デビュー! - 空想園芸館 を含むブックマーク はてなブックマーク - シイタケ栽培デビュー! - 空想園芸館

先日、燻製をやった際、桜のチップを入手したいと思い、里山に枝を拾いに行きましたが、そこで「コナラ」?の原木に遭遇しました。

管理のおじさん曰く、『気に入ったものがあれば、いつでも持って行っていいよ。』とのこと。

一旦は、燻製用に桜の小枝を拾っただけにしましたが、ホームセンターシイタケの種駒を見つけて以来、シイタケ作りがしてみたくなってしまいました。

ホームセンターにはシイタケ以外の種駒はおいてなかったものの、とりあえずのチャレンジにと思い、半額セールの種駒と専用のキリ(電動ドリルの先端に付ける穴あけ用の部品)を併せて購入しました。(種駒約250円、キリ750円、計千円といったところでした。)

★ご購入&エントリー 商品到着後のレビュー記入で500ポイントプレゼント★しいたけ種駒100個

価格:504円
(2013/1/30 20:38時点)
感想(16件)


スターエム/STAR-M No.41 しいたけビット ストッパー付丸軸 9.2mm

価格:806円
(2013/1/30 20:43時点)
感想(0件)

その足で里山に行くと、どうやら「どんぐりの木」の中で使えそうなもの(直径13cm、長さ60cm程度のもの2本)があったため、拾っていくことにしました。(図書館検索エンジンで調べたものの、おそらく「コナラ」では?といったところw)

種駒の中のマニュアルを参考に電動ドライバーで穴を開けていくと、ドライバーが固まって動かなくなる事態が多発してきました。(ドライバーが非力なのか、木材が生木のため、粘りが出てしまったためか、、、)

ドライバーが固まる度毎に、キリを上下左右に揺さぶりながら、穴を広げてなんとか抜くといった作業を繰り返す羽目に陥ることになりました。

そうこうするうちに自分なりの工夫を見つけることが出来ました。

それは、一発目で浅めで引っこ抜き、二発目で奥まで突っ込むという2段階方式です。これだと一発目でカスを一旦取り出せるため、固まって動かなくなることが大分減った感じです。

なんとか穴を開けた後で種駒を打ち込む作業を終え、2本の原木で100個の種駒を使いきりました。(マニュアルを参考にしつつ、適当に穴を開けたため、最初の1本目は穴だらけになってしまいました。2本目は先に両サイドの位置を決めたため、マニュアル通りに寸法に近い形で開けることができるようになりました。)

2本処理した段階で、なんとなく「物足りない感」がしたため、追加で100個分購入し、原木もさらに拾って来ることにしました。

結果、直径6cm、長さ45cmくらいの細身の短尺ものを3本と直径10cm、長さ70cmくらいのものを1本、計4本をさらに追加で処理しました。

電動ドリルの扱いだけでも、かなり疲労感は感じましたが、まだまだ物足りない感が残っています。

ただ、そうは言っても、里山に手頃な原木が残っていない感じなので、追加の原木探しが必要な感じですw(種駒は、まだホームセンターに売れ残りがあったので、もう100個くらい購入しておこうかと思っています。)

本当は、ナメコにも挑戦したいと思っているので、シイタケばかり増えてもうれしくないところですが、あと4本で都合10本なので、キリのいい数量になるかなとは思っています。

シイタケは、通常2夏を越した秋から生えてくるらしいので、あと1年半後になりそうです。(先が長いなぁ。)

GW頃までは仮伏せといって、湿度を潤沢にして原木内全体に菌が回るように保管してやり、GW後に本伏せといって通風を良くして管理してやる必要があるようです。

先日の燻製は、だいぶ水分が抜けて肉の芳香を発してきたので、燻製を齧りながら、シイタケの駒打ち作業を楽しみました。

空想園芸館