Hatena::Groupkossori

こそりこそりと何か呟く このページをアンテナに追加 RSSフィード

気の向くままに綴っておりますので
雑然とした部分もあるかと。御容赦下さい。


絶版本を投票で復刊! 別冊宝島EX マンガの読み方:竹熊健太郎・夏目房之介ほか;宝島社
マンガの読み方
―わかっているようで、説明できない
マンガはなぜ面白いのか

宝島社/1995年5月初版/ISBN:4796609474

上記図書の復刊に賛同しております。
宜しければ御一考を。

05-06-05

とりあえず押えの為に 08:20 とりあえず押えの為に - こそりこそりと何か呟く を含むブックマーク はてなブックマーク - とりあえず押えの為に - こそりこそりと何か呟く

アニメ・マンガ・戦争

アニメ・マンガ・戦争

かなり歯応えのある対談集でした。

実際、世間には言葉が沢山溢れておりますが、

そう言う状況にも拘らず言葉に飢える瞬間が

訪れる事があります。そう言う瞬間に効果的な

一冊では無いかと思うのですね。

圧巻なのは巻末のVS大塚英志さんですか。

この対談に拠ってお二方の姿勢の違いがはっきり

打ち出された様に思います。

筆者はその違いを鰻の白焼きと関東炊きの蒟蒻

と受け止めました。何れがどちらとは敢えて

申しませんが。

隙間嵌り 16:56 隙間嵌り - こそりこそりと何か呟く を含むブックマーク はてなブックマーク - 隙間嵌り - こそりこそりと何か呟く

この作品が未だにDVD化されずに埋もれる一方と

言うのは、一寸と言う気が致しますね。

作品に罪はございませんでしょうに。

検索していたら見かけましたので、一票投じました。


原作単行本と文庫本カバー画を描かれた宇野亜喜良さんの

絵も素敵なんですよ。あの絵を挿画にして新版を…

と言うのも贅沢な願いでしょうか。

印象 19:50 印象 - こそりこそりと何か呟く を含むブックマーク はてなブックマーク - 印象 - こそりこそりと何か呟く

今宵のトップランナーゲスト新海誠さん。

この方に相応しい称号は『映像作家』では無いでしょう。

動画物語作家』と言う称号を造って捧げた方が相応しいかと。

既成の言葉から派生させるとするならば、『電脳絵本作家』と

言う所でしょうか。

この方にとっては心の中の風景を描き出す道具が筆やペン

ではなく、コンピュータであったと言うだけなのでしょう。

トラックバック - http://kossori.g.hatena.ne.jp/XQO/20050605