Hatena::Groupkossori

こそりこそりと何か呟く このページをアンテナに追加 RSSフィード

気の向くままに綴っておりますので
雑然とした部分もあるかと。御容赦下さい。


絶版本を投票で復刊! 別冊宝島EX マンガの読み方:竹熊健太郎・夏目房之介ほか;宝島社
マンガの読み方
―わかっているようで、説明できない
マンガはなぜ面白いのか

宝島社/1995年5月初版/ISBN:4796609474

上記図書の復刊に賛同しております。
宜しければ御一考を。

04-11-10書誌を観る

耽美小説・ゲイ文学ブックガイド

耽美小説・ゲイ文学ブックガイド

こちらの本でも充分にこの方面の文芸はカバーできます。

が、この本では惜しいかな本邦の古典に関して少々弱い所が

ある様です。

参考として柿沼瑛子さんのお仕事を下記に。

美しい部屋は空っぽ (Hayakawa Novels)

美しい部屋は空っぽ (Hayakawa Novels)

魔性の森 (徳間デュアル文庫)

魔性の森 (徳間デュアル文庫)


本邦内の古典文献を網羅する為の書誌といえば、

本朝男色考・男色文献書志(合本)

本朝男色考・男色文献書志(合本)

こちらが挙げられようかと思いますが、更にもう一冊加える

べきかと。

お伽草子事典

お伽草子事典

こちらも加えると更に宜しいかと思われます。

え?畑違いではないかって?

実はそうでもないのです。御伽草子と呼ばれる文芸群の中に

「稚児物語」と言う分野がございます。男性から稚児への

恋慕が軸となって進行してゆく物語の一群でございますね。

それについて大雑把に把握し、文献の在り処を探す為の書誌

としてこの「お伽草子辞典」は大変有用なのです。

書誌から文献の旅を始めてみるのも悪くは無いでしょう。


源氏比べ 19:52 源氏比べ - こそりこそりと何か呟く を含むブックマーク はてなブックマーク - 源氏比べ - こそりこそりと何か呟く

源氏物語〈上〉

源氏物語〈上〉

『源氏物語』の読み比べはこの夏十余点程手元に置いて

やってみたのですが随分と興深いものでした。

この吉屋信子さん版の源氏物語もその際読もうと思って

いたのですが生憎と見つからなかったのです。

さらりと読んだ感じですと村山リウさんの訳に似通った

雰囲気がある様でございますね。現実世界と物語世界を

往還しつつ読み解いて行く、と言う感じでしょうか。

これはこれで又、何とも味わい深いものです。

源氏物語〈上巻〉

源氏物語〈上巻〉

参照:no title

いらっしゃいませ 21:37 いらっしゃいませ - こそりこそりと何か呟く を含むブックマーク はてなブックマーク - いらっしゃいませ - こそりこそりと何か呟く

この表題でふと『THE 家元』と言うバンドの事を思い出し、

ちらと検索してましたら何やら興深いサイトが。

閑話休題。リンク元の開陳です。

???N???T?? ???k??????n?C?X?N?[?????A?h?x???`???[ - Google ????

本の情報と言うのは、欠片でも欲しいものです。

●○●

?H???ǎq - Google ????

仮面ライダー関係者様、紛らわしくてごめんなさい。

●○●

BIGLOBEサーチ Attayo:“漫画屋ホームページ”での検索結果

良かれ悪しかれ注目を集める方の様子です。

●○●

no title

何故ここから、とは聞かないで下さい。

●○●

””で検索した結果

どう言う視点での検索なんでしょう。

●○●

no title

縁は異なもの。

●○●

こんなものでしょうか。とりあえず何かのお役に立ったなら幸いです。

トラックバック - http://kossori.g.hatena.ne.jp/XQO/20041110